YouTubeの収益化について

せっかく撮影した動画。それをただYouTubeにアップロードしているだけではなく、もしかしたらその動画は大きな収益源になる可能性があります。著作権的にNGな動画はいけませんが、最初から最後まで自分で撮影して著作権も問題がない人気動画があれば、YouTubeで収益化ができます。
具体的には、自分の動画を収益化するかどうかを決めるだけです。動画自体の審査はもちろん行われます。もし、自分のアップロードした動画に著作権がある音楽や映像が確認されたりすると、収益化ができません。なお、YouTubeの収益化をするにはGoogle AdSenseへ申請をしておく必要があるので注意してください。AdSenseを行う許可が得られると自分の動画に広告を貼り付けることができ、その広告がクリックされるとあなたの収入になります。また、再生数に応じても収入が入るため、人気のオリジナル動画を撮ることができれば、大きな収益が得られることになります。
収益化したお金は、給与所得がある人なら収益から経費を引いた額が年間20万円以上。仕事を持っていない人なら、収益から経費や所得控除を差し引いて残額があれば、年に一度、税務署にて所得税の確定申告が必要ですので注意をしてください。

ページのトップへ戻る